神奈川県の辻堂・茅ヶ崎市の整体院

整体生活の知恵

手(8)パソコンによる体の負担 PART1

2015.11.15 | 整体生活の知恵

一日中デスクワークでパソコンと向き合っていると、どうしても手首や指に負担がかかってくるようです。

stockfoto_86200904_XS Aいつも手先に力を入れていると、そのうち指や手首自体が硬直して抜けなくなり、腱鞘炎のような症状を訴える人も少なくありません。

一方、手首や指に力が入ることで肩にも力が入りっぱなしになります。肩に入った力が次には首を圧迫してくるので、首を支える筋肉群が硬直してきて頚椎を圧迫してしまいます。stockfoto_62763070_XS Aこうなってしまうと、首から上の問題、例えば耳鼻科系や眼、さらには頭の血行トラブルも招いてしまうと、偏頭痛(片頭痛)などに悩まされることもあります。

皆さんお気づきでしょうか。パソコンの利用では、キーボードを打つ以上に、マウスでの操作が手~首への負担が強まるようです。

実は、マウスはディスプレイに対しての遠隔操作であり、そのため微妙なタッチを要するので、手全体が緊張を強いられます。

Woman’s hands touching computer mouse and keys of black opened laptopこれに加え、通常のマウスは真上から手を被せるため、肩から腕全体を内側に絞る状態での作業となるので、手自体の緊張のみならず、胸や首・頭にも少なからず圧迫を加えてしまうのですが、皆さんはこれを体感しているでしょうか?

ここで実験です。

手首を硬直させた状態(つまり緊張している状態です)で、そのまま金庫のダイヤルを左に回すように内側に絞ってみます。

手が固まっている状態で内に絞ると、肘が外に張り出し、肩が上・前側に力を入れてきますね。その結果、胸(大胸筋)に圧迫を加えてきます。

さらに、肩甲骨は腕の上部(=肩)にくっついているので、肩の動きに合わせて外側に引っ張られていき、その周囲の肋骨も外に逃げ出し、このため中に入っていた背骨も外に押し出されてきます。stockfoto_42013957_XS A

こうした胸郭の動きと姿勢が、その上に乗っている頚椎の自然なカーブを邪魔してしまい、首にも大きな力を加えてしまうのですね。

こうしたことがこの実験で感じ取れれば、次はこれをいかに解除するかを紐解いていけばいいわけです。

 

湘南整体
〒253-0021
神奈川県茅ヶ崎市浜竹3-2-33 リーヴァ401 号
辻堂駅 西口改札より徒歩2分
TEL : 0467-84-7739